“希霜”天外?

lightfully.exblog.jp ブログトップ

色彩方面に関するお知らせ<2>

恐いもの知らずでの応募でしたが・・・
c0203584_21214569.jpg




いやいやしかし、出してみるもんです。
半ば諦め気味に待っていたのですが、なんと選考に入ったという通知。

ブログで鍛えた(?)作文能力のアシストもあってか、
こちらの想いや目的に共感してもらえたようです。第一関門突破。

えっ!? ということは受講料が必要になるわけで…
カールツァイスレンズ購入計画撤回やん~(T_T)
(この際そんなことどうでもええやろ。笑)

散財を封じられて嬉し悲しの状態だったんですが、
いざ講座が始まると、もはや写真どころではなくなりました。

き、厳しい・・・(x_x;)

その要求レベルは、某ガラス屋の鬼にも迫るものがあります。
やっと鬼ヶ島から解放された希霜に、また新たな試練です。

まあでも…すべてが良い勉強になりました。
そして、共に学ぶ仲間は全員色検1級合格者という稀有な環境です。

互いの個性から学び合いながら日々精進。
各分野におけるスペシャリストの先生方のお話は大変に興味深い。
やっぱり色って面白いね・・・。

そして最後は、試験やら模擬講義やら。
修了後に各回のレポートを提出して、あとは認定か否か、結果待ちです。

***

この講座で最初から目標としていたのは、(これも量子論的ですが)
講師と写真家の中間で妥協するのではなく、同時に両立すること。
今の延長線上にある目的を考えると、そうでなければならなかった…。

いかに認定の合否がかかっているとはいえ、
自分を抑え込んで資格を取るのでは意味がありません。
なので、課題も模擬講義もレポートも、全部希霜流。

お世辞にも優等生とは言えない…というか異端児の希霜を ^^;
果たして A・F・T は受け入れてくれるのだろうか・・・

そもそも資格目的というより内容に興味を持って参加した講座だったし、
「ま、アカンかってもしゃーないわ。なるようになるんちゃう?」
という心境。

…それから1ヶ月半後。

忘れた頃に(いや、決して忘れてないけど。笑)、
1通の軽くて小さな封筒が速達で届きました。ああ、こりゃダメだな。
“残念ながら…”という味気ない文章が書かれた紙が1枚入ってんでしょ?

投げやりに開封しようとすると、何やらカード的な感触のものが。
ん?若干硬いけどコレなんやろ…・・・はっ、もしや!!

これは資格証では!?
急に姿勢を正して中身を確かめる希霜( ← 分かりやすい ^^; )

じっくり読むと、そこには“認定”の文字! ^O^

あわわ…全国でわずか数名の認定を、もらってしまったやん…
ほんとうに希霜が頂いていいんだろうか?σ(^^;

同封の総評には、
声の通り具合や授業構成にクギを刺されるようなコメントもあったので、
決して手放しでの及第ではなかったはずです。(自覚もしてますし、ね)

その反面、真剣にコミュニケーションを取ろうとする姿勢、
あるいは希霜哲学や Recycling of Hapiness の想い・・・
そういう思想的なところを認めていただけたのかなと推測しています。

まあ、認定の詳細な理由は分かりませんが、
何にせよ嬉しく有難いことですねぇ…。
これからは、色彩講師としても徐々に活動を展開していこうと思います。

既に世の中に伝えたいことはいっぱいあるので、
まずは、教えるコンテンツの構成からかな~♪

いよいよ色彩ライフも楽しくなってきました ^^)v
 
――――――――――――――――――
別館 『今月の“お希に入り”』
HP 『光と色の協奏曲』
 
[PR]
by lightful | 2011-10-31 21:43 | 色彩のはなし

日常をライトフルに綴る写真雑記 HP http://lightfulproject.jp/


by 希霜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31