“希霜”天外?

lightfully.exblog.jp ブログトップ

今年のテーマを復習しませう^^;

英語も中国語も忘れたのにカメラマン兼ツアーガイドやってますが、何か?
c0203584_5212743.jpg




先週は、台湾の友人が旅行で来日してまして・・・

せっかくの機会なので日台友好の場にしませう、ということで
希霜の愉快な仲間たちを巻き込んで、大阪と京都に出掛けてきました。

当然、専属カメラマンを兼ねての行動ですσ(^^;
・・・実は今回、

こちらでの滞在中に撮った旅の思い出フォトと
希霜の愉快な仲間たちからのメッセージを合わせて1冊のアルバムにする

という計画を、事前にコッソリと立てていました。
( ご協力いただいた皆さま、ありがとうございましたm(_ _)m )

…が。
言うは易し、行うは難し。

帰国の前日まで写真を撮って、最終日にプレゼントする
というスケジュールはそもそも無理がある…。

どう考えても、徹夜確定でしょ。
いや、徹夜しても時間足りないかも!><;

でもね、やりましたよ。
そこは完璧主義フォトグラファーとしての意地があります。

間に合わせました。

c0203584_5203634.jpg

皆さんが台湾に戻られてから、メッセージをいただきました。

> Thank you for your hospitality, Japan is a nice country...(後略)

そう言ってもらえると嬉しいですねぇ。
また、FB 上で

> 超感激

という言葉も。
全力尽くした甲斐あった…(T_T)

もちろん、重要なのはフォトアルバムが間に合ったことではなく
この機会に関わった人みんなの気持ちが通じたということです。

“人の環をつくり、思い出の時間に写真を添える”

それが希霜流のおもてなし…
…というか、自然とそうしたい気持ちになりました。

久々に会える喜びと、いくらでもある旅行先から
わざわざ日本を選んで来てくれるという嬉しさと…ね。

日台間の良い関係を一層発展させるという意味でも、
台湾で今回のフォトアルバムのメッセージや写真を見た人が

「私も日本に遊びに行きたいo(^O^)o」

と思ってもらえたりしたら最高ですね。
これからも海を越えて人の環が拡がることを願っています。

***

ところで、今年のテーマは「感動の創出」。

「写真を通して、どのような感動を提供できるのか。
 そして、感動の先には何があるのか。」

今回の台湾の件はたまたま大きな話になりましたが、
あらゆる局面でこれを追求していこう、という想いのキーワードです。

…そのためには、写真が目的であってはならない。

さきほども
 > 写真を添える
と書きましたが、

写真は、生活のなかで自然に撮られるもので
結果としてついてくるものだろうと思います。

この“感動”の求め方は今までの制作姿勢とも整合性が取れているので
撮影スタイルは今後もあまり変わらないと予想されます。

ただ、撮るものが変わる・・・。

(表面的には変わらないかもしれないけど
 撮る“根拠”が変わるということです。)

いきなり量子論と相対論を両立するのは難しいので
しばらくは相対論フォトに的を絞って研究していきます。

さあ、どんなシリーズになるでしょうか。
個展を開催できるのは2、3年後ぐらい…かな?
 
――――――――――――――――――
  公式サイト - Lightful Project -
――――――――――――――――――
[PR]
by lightful | 2013-05-23 05:45 | 写真のはなし

日常をライトフルに綴る写真雑記 HP http://lightfulproject.jp/


by 希霜
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30