“希霜”天外?

lightfully.exblog.jp ブログトップ

草月いけばな・体験編2

ラジオの補足です。
c0203584_16203231.jpg




さくらFMを聴いていただいた皆さま、ありがとうございました。

いけばな体験の話をもう少し。

DMの写真用に白崎さんにいけていただいた花を
撮影が終わった後も、せっかくなので、しばらくサロンに置かせてもらいました。

c0203584_21421652.jpg

ずっと見ていると、“いけばな” があることでサロンの雰囲気が変わるのを実感できます。
それも、花を置いた場所だけでなく部屋全体に影響を与えているな、と。

若干余談になりますが、希霜も個展やコラボ展を開催するときは
場と作品が調和すること、作品を飾ることによって場の良いところを引き出すことを意識します。

…まあ、できているかどうか?は、皆さまの感じ方に委ねるしかないのですが・・・

額・プリント・紙質・並べる順番や配置など、何度も会場に足を運んで構想を具体化していきます。
とても時間のかかることですが、ここで手を抜くわけにはいきません。

…と、話し出すと長くなるので次回に持ち越すとして(^^;
とにかく、場の空気感というのは心地良く過ごすためにとても重要なものです。

元に戻って、いけばなという別の種類の表現に触れて、
改めて思ったことがあります。

放送のなかでも言いましたが、
いけばなの基本動作といえば、切る・まわす・さす、の3つだけです。

ひとつひとつの動作は、いたってシンプルです。
枝を切り落とす。花を回して良い表情を探す。剣山に差し込む。

それ自体は誰でもできることです。

・・・が、希霜がいけるとタダの花の集まりにすぎない。
白崎さんがいけると、たしかに“場”を変える。

いけばな体験をさせていただいて、
ほんのちょっとの気遣いで花が放つエネルギーが大きく変わることを実感しました。

単純な小さな動作の積み重ねが、その積み重なり方によって、
最終的に美しい形を成して空間全体に影響を与えるものになる…。

それはもちろん専門的な技術や知識があってのことではありますが、
自分の“写真道”に置き換えると

「どういう目的で、どのように積み重ねるのか。本当に1枚1枚を大事に撮れているだろうか?」

という問いかけにもつながるもので、
最近、サロンの存在を言い訳に若干雑になってないだろうかと思い直した次第であります。

(…え?気になる?これも話し出すと長いので別の機会に^^;)

今すぐにどうということではなくても、
ちょっとした気の抜けも積み重なると怖いかもしれません…ね。
 
――――――――――――――――――
  公式サイト - Lightful Project -
――――――――――――――――――
[PR]
by lightful | 2013-02-01 23:14 | 芦屋のはなし

日常をライトフルに綴る写真雑記 HP http://lightfulproject.jp/


by 希霜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30