“希霜”天外?

lightfully.exblog.jp ブログトップ

目指したのは、ひとつの「環」を完成させること。

R&P Gallery 9人展「夏のアトリエ」について
c0203584_3303926.jpg




話は1ヶ月以上遡りますが…
( 相互リンク先の、某朽ち物好きの人みたいになってきましたね^^; )

ええ、今さらながら…
R&P Gallery 9人展「夏のアトリエ」を振り返ります。

希霜にとっては個展と同時進行で企画展への参加
という無茶なスケジュールでしたが、
結果的には逆に、この9人展に救われることになりました。

いや、その…個展のほうに照準を合わせて
見に来てくださった方がたくさんいらっしゃるなか、
こういうこと言うのもいかがなものかと思いますが・・・

「正直、個展よりも9人展の方が面白かったσ(^_^;)」

…です。作者側の意見ですけど、ね。

***

実は…ギャラリーからこの企画のお話をいただいた当初、
あまり乗り気ではありませんでした。

「なんで、よりによって個展開催期間中なんだよ (T-T)」

正直、リソースが分散して良いものはできないかもな…
と思っていました。

ただ、希霜以外に2~3人、この企画に誘えるところは捨てがたく。

「希霜の愉快な仲間たち展」なんてそう滅多にできるものでもないので、
見切り発車覚悟で前に進むことにしました。

抽象作家の立見さん
膠彩画家の竹村さん
油彩画家の川田さん

( みなさんとも快く参加してくださり、ありがとうございました^^ )

・・・しかし、
他の人を巻き込んだからには、もう後には引けない ^^;

「全員がそれぞれ本気でやれば、
 作風がバラバラであっても全体としては形になる。」

これが今回、希霜が意図したことでした。
だから、自分も本気でやる…。

まあ、作品を出す時に手抜きすることはありせんが
希霜にとっての本気とは何かと改めて考えると

“(自分の中での)最先端の物事を形にすること”

だろうと、ひとまずこの時点では結論づけました。

…実は、最先端を狙いすぎて秋の3人展に向け作品群を
切り崩したために、今度はその3人展で出すものがなくなって
とても困っているのは絶対に内緒です^^;

***

ともあれ、R&P に出したのは5点で
それぞれの写真の色は、大雑把に言って、赤・黄・青・紫・緑…。

かなり前のことなので覚えていただいているか分かりませんが
昨年の神戸アートマルシェとコラボライブにも
似たようなパターンで出しました。

あの時のイメージは、どちらかというと「線」でした。
わざとらしい表現かもしれませんが、五線譜上に並ぶ音符のような…。

で、今回は線のイメージは残しつつも端のないもの、
つまり、ひとつの「環」を成すように作り上げました。

「環」は今年のテーマである重力意識と関係がある…
というか、更にその先を見据えた概念なのですが・・・

ややこしいコトは希霜的写真論の記事で扱うとして、
今は表面的な話をします。

5点の作品は・・・

「それぞれ色の違う作品だけれども、全部でひとつ。」

それは、9人展全体にも言えたように思います。

十人十色…というか九人九色、見事なほど手法も作風も違って
でも全体として見たときに展示として成り立っている…。

最初の段階では希霜グループ4人がそうあれば十分かなと
思っていましたが(他の人のことは分からないので、ね)
飾り付けが終わって完成された展示を見て驚かされました。

自分が作品で表現しようとしたことと、
場が表現していることが重なり合っている・・・

こういう美しい結果になると嬉しいですね。
やっぱり R&P は面白い。良いですねぇ、夙川。

…え?夙川?
なんでトートツに地名が出てくるの??

それは…はい…^^;
希霜得意の持ち越しです(笑)

次記事から、いよいよお待ちかねの(?)話題に入ります♪
 
――――――――――――――――――
  公式サイト - Lightful Project -
――――――――――――――――――
[PR]
by lightful | 2012-08-29 02:01 | 写真のはなし

日常をライトフルに綴る写真雑記 HP http://lightfulproject.jp/


by 希霜
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30