“希霜”天外?

lightfully.exblog.jp ブログトップ

歳のとり方を考えさせられる…

個展出品候補作♪ ( イメージ優先で、意図的に白飛びさせてます m(_ _ )m )
c0203584_19361938.jpg




某所で毎度の如くライトフルワールドの撮影をしていると、いきなり

「ありがと~」

と見知らぬ爺さんの声。
何のことだ?と思ったら、花を撮ってくれてありがとうって。

希霜 「ここにいつも植えられてる方ですか?」
爺さん 「いや、そうじゃないけど、ここの花見るの楽しみにしてるから」
希霜 「あ、そういうことでしたか^^」

自分が好きな花を撮ってくれたことへの感謝かぁ・・・。
この状況で‘ありがとう’って言葉が出てくるのが凄いと素直に思いました。
世の中こういう人もいるんだなと感心していると
(直接的な親切をしてもらってもロクに礼を言わない輩もいるのにね)
いやいや、人間ってのは一長一短あるもんです。

「こういうとこではレフ板使わな(笑)」
「写真は光と影の芸術やからな~」


など、アドバイスしてくれてるつもりなんだろうけど(それにはありがとうだけど)、
今悩んでるのはそこじゃないんですよ・・・。

物撮りやってたヤツがレフ板を使う知恵がないはずがないし、後者にいたっては
『光と色の協奏曲』なんてタイトルのもとにやってるわけだから…

などと説明してたら話が長くなるので
(突如イチから自己紹介を始める状況では明らかにないし^^;)
あはは、それもアリかもですねぇ・・・なんて言いながら聞き流し。

しかし、そこで終わるかと思いきやそのまま勢いづいて薀蓄を語り始めました。
‘ありがとう’を通り越して蟻型…いや、ありがた迷惑の始まり始まり。

(前略)

「おたくはCANON使いませんのんか?」
>えぇ、アルファでないと得られないボケ表現があるので、ね。

「昔の一眼と違って最近のデジカメはファインダーがなくて撮りにくいやろぉ?」
>えぇ、だからデジイチ最高峰のファインダー搭載機・α900を使ってるわけで…

「今頃の人はデジタルで始めてフィルム全然使わんみたいやけど・・・」
>えっと…風景撮影のときはPENTAX645ですσ(^^; あ、35mmも稀に…ね。

「ああ、だからストラップだけミノルタのを使い続けてるわけや」
>やかましいわぃ。そこはαユーザーの触覚です。触れるな危険!(笑)

「オルトキシレンって知っとるか?」
>ま、お化け出身だからそれなりには… (^^;;

(後略)

…って、あのねぇ。
カメラ屋さんで話すならいいけどフィールドではほどほどに願いますよ、えぇ。
あるいは、この場で話すなら‘どういう作品を撮ってるの?’とか発展的に、ね。

今は真剣に作品撮りやってるとこだし、ちょっと集中させてくださいな。
こう言っちゃ悪いけど、いわゆる空気読めない人?(^^;;;
写真やってたんなら撮影者の心境も分かるでしょ??

・・・とは言いませんでしたが、とにかく機材マニアってのは面倒くさい(-_-;
( …しかし、それについて行けてる希霜氏もどやねん!とか (完全自爆 )

で、散々話を引っ張った挙句、最後にこんな言葉を残していきました。

「今日はスズメにパンをやりに来たんですわ。誰も相手にしてくれんから…」

大変失礼ながら妙に納得してしまうが・・・うーん…
別段オチのない、なんとも切ない会話のラストシーン・・・
この爺さん、話の最中にどこからか風で飛んできたゴミを素早く拾って回収したり、
いい人なんだけどねぇ・・・。なんかもったいないなぁ…。

ま、上記のやりとりに関しては双方に問題があるような気がしないでもないですが(^^;
ブログの記事として確実に締めくくるには、
‘希霜さん、人の振り見て我が身を直しませう’
といったところでしょうか…ね?
 
by 『光と色の協奏曲』
 
[PR]
by lightful | 2010-06-05 19:31 | 日常のはなし

日常をライトフルに綴る写真雑記 HP http://lightfulproject.jp/


by 希霜
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30